ソムニオ親子の大学受験 国立大学への道

素人親子が大学受験を理解するまでの記録 国立理工学部に入学したい

駿台模試の見通し 物理 化学

こんにちはソムニオです。

 

明日は駿台模試ですね。

 

駿台残酷模試、いや、駿台全国模試、今までも十分悲惨な成績だったのですが、今回はもっと大変なことになりそうです😇。

2年生までの受験科目は国・数・英でしたが、受験生となった今回からは物理と化学も加わります。

 

そこで、1年分だけ理科の過去問を見てみたら、今まで受けていた模試とレベルが違うと感じたらしく、受ける前から物凄い勢いで言い訳していました(笑)。

 

私は根っからの文系なので理解できない部分もあったのですが、ヤバそうと言うのだけは伝わりました😂

 

↓私が理解した内容です。間違っていたらごめんなさい。

 

化学

一問一答だけで解けるような問題が少なくなって、思考力を問われる問題や記述で解答する問題が多い。

 

問題文が長くなった。文中に問題を解く上で必要な前提知識が記載されているので、しっかり読み込んでからでないと解けない。

 

運良く問題を理解できたとしても(笑)前提の理解も必要なのね!

 

文中の前提知識を理解しただけでは足りなくて、自分の持っている知識と合わせて解答しなくてはいけないから、読解力、知識、思考力、が試される。ツラ。

 

物理

新しい概念を提示されて、それを理解して解く形になっている。

例えば波の問題では、今まで授業で習った反射波・定在波・入射波などとは別に、透過波というものが提示されていた。透過波の定義を理解した上で、提示されている式を利用して問題を解く。

 

解答を見ると答えが何を言っているのか理解はできるが、それを制限時間の中、自力で考えるのが今の自分には難しい。

 

その場での理解力・応用力が問われていた。

 

もう試験は明日。一晩で思考力が上がる訳でもないので、寝るしかない←え?

 

 

結果を見るのが今から恐ろしいです😅。

 

ここまで読んでくださってありがとうございます😊。